總會代表からのご挨拶

私たちは、洪門(ほんめん)天地会長房青蓮堂、HONG MENという名の世界組織です。共済会としており、Chinese Freemasonsや、日本においては数年前よりアジアフリーメイスンとも呼ばれています。洪門(ほんめん)は、キワニス、ロータリークラブ、ライオンズクラブと並び世界4大組織の一角を担う国際的な共済団体、または慈善団体であり、2003年に国際合法化され、秘密結社だった巨大組織は徐々にその姿を見せ始めています。

いかなる時でも最も信頼される存在として、日本はもとよりアジア、そして世界に選ばれる存在となることを目指し、世界を支える揺るぎない存在となるよう、前進して参りたいと考えております。

私は、いままでこの組織は、通常一般人には見えない世界的な『ブランド』に思っておりました。この【鍵】を持つといろんな世界の扉が開かれるものになりましょう。会員らは普段一般社会に溶け込み普通に生活をし、自己研鑽して勉強学習や自己能力の向上に努めます。悠久の時を経て現代までに培った強靭な巨大組織力、『義』を重んじる事が基礎です。

ただ、残念なことに私たちに対する論評には良くない見聞もあります。それはもとは革命集団。ときの権力者清朝からの漢民族へ奪還する時代は反政府勢力であったことは事実です。その中において、ときの権力者の書物もおのずといかがわしい連中として記録され、それはあたかも残虐なマフィア連中として今も残っています。

これらをさらに編纂し、実史を知らず面白おかしく書き足され、いつしか無頼者の集団と認識されていきました。 たしかに、仲間のなかには流れる歴史のなかで「権力」を得て悪路へ踏み込んだ者はいますが、しかしそれは極々少数です。いつの時代も「悪」は過大誇張されるものです。

私たちは、異姓結拝の義兄弟気質の組織です。その心の繋ぎは「忠義千秋」… 簡単に申しますと日本国にあった「武士道の精神」とほぼ一緒と考えて構いません。

私たちは、世界中のどの宗教、どの結社、どの会派、どの政党、そしてどの国とも共創、共享と共栄、人類平等、地球和平な信条のもと接しており、対立することは望んでおりません。しかし、これを害するものとは和平の道を模索しても良い終着がない場合は交流をお断りしています。

いち地球人としてなにに貢献できるかを相互に求めて、真のコスモポリタンと良きワンワールド(世界大同)を築いて参ります。啓蒙活動やボランティア活動などを通し、日本をそしてアジアを元気にしたいと共感する人々の輪(和)を我々は集めたいと考えています。

皆さまからの信頼・ご期待に応え、経済、社会、もちろん世界和平の礎となる組織を目指して、日本總會は一丸となって真摯に取り組んで参りますので、良き交流とご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 洪門天地會長房青蓮堂日本總會
總會長 小林 明峯

Copyright © 2014-2017Japan Lotus Chinese Freemasons (JLCF) All Rights Reserved.