洪門の宗教観念

  • 洪⾨(ほんめん)すなわち天地会は、もっとも初期では宗教性をもとにしていました。

    圧政や窮困する社会情勢下では、いつの時代も⼈びとは希望と夢を持つものです。 洪⾨においては、その名を「天地会八卦教」

  • 基本要素に宗教形式が含まれており、例えば、「神話」「伝説」「宗教信仰」「思想信仰」「出家的な要素」さらには、「⽇常⽣活の模範」「規律」「礼節」。また説くは「⼈⽣の未来⽬標」など、「厳かな⼊会儀式」にもその宗教的性質があることが理解されます。

  • 『⼋卦』からの由来には、陰と陽、正と負、⽇と⽉、明と暗、⽣と死など…両極⼀体とし、天の動きを⾒て地の脈を読むなどもありまして、重要な出来事や儀式があるときは天地脈の暦に従います。これは迷信などではなく、地球の『氣』、宇宙の『氣』の運⾏法則からきております。

  • その昔、⼈びとは天空や⼤⾃然を観察し、天道の陰陽、地道の剛柔、人道の仁義などを編み出しました。宇宙とは《時間と空間》の合わさりであり、その法則を読み解き発明されたのが「⼗⼆地⽀」「⼗天⼲」です。
    ⼋卦および九宮は、無極虚空から太極を⽣み出す、太極は陰陽に分かれてそれは天と地の両極になる。天と地に分かれると四⽅が⽣まれ、これを《四象》と⾔う。
    陰陽(上下)・四象が完成したのち、はじめて森羅万象の『⼋卦』が形成されるのであります。
    この観念も時代進化をし、三教合⼀から⽇本では五教合⼀へと昇華されていきます。


<MENU>