基本理念の論述法則

  • ドラゴンのサンクチュアリー
    思念の源(生命の樹)

  • 洪⾨というアジアのフリーメイスンは、例えるならば⼀本の《巨⽊》(⽣命の樹)です。

    組織の⼀員として共通理念のもとに集い、⼀致団結や奮闘そして出資出⼒することによって、養分である「精神」「主義」「思想」「理念」「宗旨」「⽬標」「会の規律」「ルール」「制度」「礼儀」「三綱五常」「四維⼋德」「教育」「⽂化」「経済」「科学技術」などを⽤い、⽊を育てていき、これらの養分によって、この⽊が⼤きくなればなるほど、皆もこの⽊の下で安らぎを得られるのです。協和し合い、私利排除の信条で、公平に享受しつつ育てた成果を皆で得るのです。

    さらに、育てていくこの⽊はただ⼤きくなることに留まらず、もちろん実が成り、収穫もなければなりません。良質な品種(⼈物)を慎重に選び、季節(歴史)または環境(世相)によって栽種して、それからそれぞれの必要な養分で灌漑栽培していき、私たちが求める⽬標に⾒合うもの(⽊) に仕上げていきます。

  • 同様に、組織の発展も品性のある堅実で良質な⼈材を探さないといけません。養分は栽培過程に於ける洪家の思想理論、忠義の精神、会内規律やルールが教育訓練となり、この事により将来組織の発展、または伝承継承ができる優良な品種の成⻑につながるのです。

    ゆえに、会員を選別する際は慎重さが求められます。私たちアジアのフリーメイスンへ対し、向上⼼のある⼈、⼀緒に貢献していく⼈、出資出⼒や⼀致団結がともにできる⼈、私利なく組織とい う《⽊》を共同に栽培出来る⼈など、この概念を持てる者だけが組織の⼀員として迎え⼊れられ、 適材適所に成り、組織の《種⼦》がやがて核⼼な根幹へと成⻑していきます。

    ですので、⼊会した⼈のその⽬的が、苦労もせずに実だけを取ろうとし、または組織の成果や資源のみを利⽤するのならば、このような⼈種は⼼に企みし私⼼なりて、⼤家族な⼼情は持ち合わせないことでしょう。組織はそんな輩を排他せざるを得ません。なぜなら、この⼈種はやがて組織を破壊し、苗⽊の成⻑を妨げる者になるからであります。

  • つぎに、組織は継続的な発展が必要です。質と量の発展は最も重要な位置づけとしており、但し、「質」は量より勝り先決なものです。「質」が良ければ、良質な「量」を増やしていけるのです。

    これによって、優良なる組織⽂化が築かれ、質と量が未来永劫へ続き、永世伝承と普遍的な広がりへと開花します。これはまさしく、アジアのフリーメイスンである洪⾨が⽔の⽂化であることを垣間⾒ることができる《如洪⽔橫流泛濫於天下》、意訳は《洪家の⽔は世界の隅々へ流れ⾏き渡るが如し》であります。

    その中で、私たちは「五湖四海」世界のいたる所、「海納百川」海はさまざまものを受け⼊れる、 を⾃らの襟元に、良質な⼈材や各界より素晴らしい精神の持つ⼈々が集まっています。同じ⼤家族 になり、「共創」「共享」「共栄」を⼀緒に勝ち取り、⽣死を分かち合うのです。

    それらは、世界の平和とワンワールドの⽬標を達成するもので、⼦々孫々受け継がれ、⼈類平等な安らぎと癒しを与えていきましょう。

  • そして、この⽬標を完成するには良質な⼈材を確保することが最も基本かつ重要になっていきますが、優秀は要らずとも、⼼良き良質善良な⼈が求められます。私たちは誰でも良いとは思っていません。

    さもなくば、⼀杯のお粥に⿏の⼀滴の排泄物ですべてが駄⽬になるかのように、組織は劣化し良い⼈材は畏怖し、社会から弊害されたものとして、世間へ違った認識を植えつけ、烏合の集だけが残り、やがてこの世から消えていく道を辿ります。

     

    良いものを学ぶときは遅し、
    悪いものを学ぶときは速し。

     
  • ⼈間性であるとしても共感する思念がなければ、如何に礼を⽤い《以和為貴》和を以って貴しと為すとなりましょう。その為、私たちは数世紀もの悠久な時の流れのなかで、共感思念の⼈々を探し続けています。違う肌⾊、違う⾔語、違う⺠族、違う⼈種、違う⽂化、違う宗派など区別があっても同じ《志し》があるならばいい。同じ《志し》があれば住む場所が違っていても、たとえ地球の裏側に住んでいても、共感する思いは時空を超えて繋がり、世界の平和が実現し実るのです。

    これこそが、組織会員になれば学習して理解できるようになりますが、私たち洪⾨(ほんめん) が実⾏実践する「忠⼼義氣」「共同和合」「結萬為記」「盡姓洪⼈」「千變萬化」「⾦⽊⽔⽕⼟」 「順天⾏道」「和合⼀家」であり、《先義後利》の基本理念の論述法則になるのです。


<MENU>